フィリピン英語留学 -語学学校CIA体験談-

この記事を読んで得られるもの

  • フィリピンの語学学校CIAの体験談(IELTSコース)

フィリピンの空港から宿泊先まで

セブのマンダウェにある語学学校CIAに約一か月半通っていました。

航空便ですが、日本からエアアジア(航空会社)でいったんマニラに、セブパシフィックでそのあとセブという経路をたどりました。当時最安値だったルートです。セブへの直接便もありますが、夜行便で夜中マニラの空港で寝泊まりしつつ、セブに朝到着でした。

現地に着くと飛行場にCIAの日本人がピックアップに来てくれます。1月ぐらいに行きましたが、雨が降っていて悪天候、湿り気とか熱気が抜群の天候です。

新入生のなかでも一番に到着していたので、一時間ほど待って、ドライブで半時間、The Orchard CebuというCIA手前の一か月滞在するホテルに案内されます。

本来はCIA寮に宿泊する予定でしたが、満員ということでホテル宿泊になりました。寮もホテルも一人部屋から二人部屋を選択できます。

費用(Regular IELTSコース)について(一か月)1USD=111.9円

入学金 $100
教材費、授業料、宿泊費(三食付) $1,780
特別割引、無料アップグレード(寮満員でプラン変更のため) -$100
海外送金手数料 $60

フィリピン・セブ校のCIA授業について

入学初日にIELTSの模擬テストをうけます。ある程度準備しておくのもいいかもです。

9時-18時(昼休み含)半過ぎくらいまでマンツーマンとグループ授業を交互に受講します。英語で授業を受けて発信しながら、文法や読解、単語力を重点的に学ぶのはグループ授業。実際にIELTSの問題を解きながら、テクニックを学びつつ、個人的に対策をしていく形式のマンツーマン授業です。

例えばですが、Readingセクションでは、段落の文頭と文末を最初に目を通して、序文と結文からその段落で何を言いたいのかを抑えて、省エネに問題を解くテクニックも磨かれます。

例えばですが、Speakingセクションでは、一般的な質問に英語で答える第一セクションでは3から4文ほどで、「結論」→「例」をリンキングを使って、英語で表現するテクニックも磨かれます。

双方の授業について、教師との相性が悪かった場合、教師を変更することもできます。

マンツーマン授業は両腕を横に広げて木製の部屋の片端から片端まで届くぐらいの個室でマンツーマンレッスンを受けることになります。あと小型のホワイトボードを使います。

人によりますが大体の先生方は個人トーク大好きなので好きに話してみる時間も取ってみてはいかがでしょうか。あと、ゲイの先生もいました。フィリピンでは珍しくないことですが、表現力豊かで面白みもある方でした。

フィリピンのセミスパルタ学校の由縁

毎朝10単語テストがあり、朝一時間目の授業が始まるおよそ十分前までに単語テストを終了させておく必要があります。もしこれができなければ、週末出ていくことができず、出禁を破れば、退学へ近づくペナルティが課せられます

また、平日の門限もあり、単語テストをきちんとパスしている場合でも、9時ぐらいだったような気がしますが、いずれにせよ門限があります。もちろん単語テストがパスできなかったひとは、出禁です。

ネイティブの先生について

授業比率になりますが、イギリス出身のネイティブの先生が8時限中1時限の授業の担当をしているので、本場の英語を聞くまた、会話するチャンスもありました。

IELTSの模擬テスト

毎週末金曜日にIELTSの過去問ベースでのテストが実施されます。会場雰囲気やワイヤレスイヤホンなど本格的に準備がされます。この模擬テストのベスト3位までは名前が掲示されます。いい競争心になるはずです。ちなみにWritingセクションが最終になりますが、まともに受験する人がいる中、その逆もいて、終わらせずに退出するひともいました。そのうちの一人の友人は「すぐに夕食(配膳形式)なので、行列になる前に並びたかった」といっていました。

在校生の国籍の割合について(フィリピン・セブ校)

ほぼアジア系が割合を占めています。日本人もかなりいました。その他中東系の学生は体感10%ほどです。

おまけ:土地の治安や文化、行事について(フィリピン・マンダウェ)

フィリピンは治安も交通規制も日本と比べると悪いほうです。土煙がたっていますし、歩道は大体、歩行者が二人並列に歩けるのがようようといった感じです。また、ジブニーは約7ペソほどで、乗車できますが、盗難が多発しているので、学校からはタクシーを乗ることがいいと勧められるほどです。いい点としてはBo’s coffeeという現地のチェーンカフェ店があることと、Jモール(ショッピングモール)やマッサージ屋さんがあることです。カフェ店は少し値が張りますが、マッサージ店についてはコースによって価格が異なりますがThai Boranという店だと400ペソほどあれば十分にリラックスできます。また、一月の第三日曜日には文化的なシヌログ祭りが開催されます。学校単位もしくは団体単位で華麗に踊るお祭りです。観光の価値ありです。

また、タクシーで30分圏内に整備された地域であるITパークがあるのですが、ここはおいおい追記していきます。

 

コメント

  1. […] 【記事】フィリピン英語留学 -語学学校CIA体験談- […]

タイトルとURLをコピーしました