【英語学習者向け】コロケーション・連語の学習法を共有

【英語学習者向け】英語表現コロケーションを学習法を共有 英語

英語におけるコロケーション、連語とは

いくつかの英単語が組み合わさってできた自然な英語表現のこと。

例:take a shower(シャワーを浴びる)、(be) crystal clear(わかりやすく明瞭である)

このような規則的もしくは感覚的にわかるものから、不規則に組み合わさってできる組み合わせが無数に存在します。

日本人でいうところの「白米を蒸す」ではなく「白米を炊く」といったほうが理由は説明できないが自然であるといった感覚に似ています。

▼こちらでも解説しています

【記事】英語-句動詞、イディオム、コロケーション-

英語におけるコロケーションはネイティブスピーカ-の生活や感覚に基づく自然な表現である

つまり、ルール無視な側面がかなりあるということです。

Quoraという海外のYahoo!知恵袋のような質問系のサイトがあります。そこでこのような応答質問がありました。

英語を第二言語として習得しようとしている人どうコロケーションを学ぶのか?」

(イギリス)ネイティブスピーカー「正直なところ、ただ表現の使いどころを生活や成長の過程で学習しているだけだ。”ネイティブスピーカーにとって正しい”ならばそれが正しいし、その逆なら間違いだね。」

ネイティブにとってもはっきり定義づけられない表現なようです。

コロケーション学習術は?

おすすめコロケーション学習術

結論、暗記です。でもこの量は覚えられません。

でも、ステップを踏むと効率よく覚えられます。

  • 副詞、形容詞、前置詞の文法をマスターすること
  • 読書する
  • 読んでコロケーションすぐ控えること
  • コロケーションのアウトプットは日々少しずつ続けること
  • しゃべったり、書いたりする場合は簡単なものからなれること
  • 一日三周別々のタイミングで例文を復唱すること(いつでも取り出せるように紙にでも控えておく)

最低限の文法について

  • 副詞は動詞手前につくことや形容詞を修飾することを覚えておくこと
  • 形容詞は副詞と名詞の組み合わせもあるので、英語文法上のその位置を覚えること
  • at、in、for、toなどのメインの前置詞のイメージと意味を覚えておくこと

以上の文法を身に着けるのと、コロケーションがイメージしやすくなるのと、覚えるのが容易になります。

表現を学ぶには読むしかありません。そして紙などに控えます。調べます。

 調べ方ですが「ネット検索」が手っ取り早いです。ただし、いくつかのサイトと見比べて正確かどうかを調べたり、例文が少なければ、さらに検索をかける作業が必要です。

正確性を求めるならば次の辞書があります。

イラストが見やすいです。単語を調べる→よく使うコロケーションを知ることができるといった感じです。単語からコロケーションを知りたい場合はこの辞書の使用が適しています

さらにいいポイントとして、同義語と「同義語でかつ程度の違う語句」が掲載されているので、語句の使い分けに長けたいときも使えます

必ずその日のうちにアウトプットです。発声する、文を作ってみる。いろいろあります。

できるならば、簡単で汎用性のあるhaveやget、make、do動詞形の簡単なコロケーションから攻めましょう。便利な表現が数多くあります。

覚えなくてもいいので、同義的な表現をに軽く目を通しておくと次出会ったときの記憶作業ハードルが下がります。

表現を紙に書いて何度も見て、理解し発声する

個人的には、一人で身に着けるには表現を「何度も紙に書く」よりも、「紙に一度書いて一日に何度か目を通し、文の理解と発声を意識的に実行する」方法が間違いないです。発音も練習できます。

youglishでヒット数から使用頻度を確認する

使用頻度で初めから覚える必要ないものを見つけられると効率が上がります。youglishは英語表現で検索をかけるとyoutube上の動画で検索をかけた英語表現が表現シーンをみつけてくれて、そのシーンの動画コンテンツが再生されるようなサービスです。

例えば、take a showerと検索をかけるとtake a showerを使ったシーンの動画がヒットし、そのシーンに合わせて再生が始まります。

youglishで見つけたコロケーションを入力してヒット数が少なければ、あまり使えないものと判断するのもありです。

最初は単に覚える、身に着けるの単純作業でつまらないし、しんどかったりします。

しかし慣れてくると、「なんとなくこんな意味かな」とか「英語使ってる楽しみ」も味方につきます。

記憶率が上がるコロケーションのアウトプット方法

記憶率が上がるコロケーションのアウトプット方法

上記は基本かつ少し自分流を含めた学習法でしたが、効率的な方法はほかにもあります。

たくさん話せるオンライン英会話

そのほかでも、英語を使えるタイミングは自分でも作れるし、サービスもたくさんあります。

おすすめは【英語学習者向け】オンライン英会話 ネイティブキャンプについて紹介です。

理由は人と話している時の感情や会話は、記憶したり、体になじませるにはうってつけの要因だからです。

また、自分のコロケーションの使い方が間違っていないか指摘してもらうこともできます

さらに大きい理由としてはネイティブスピーカーもしくは英語をかなり使っているひとにコロケーションの使用頻度を聞けることです。

How often do you say the expression,(コロケーション)?(どのくらいの頻度でこのコロケーション言ってます?)とかThe collocation like (コロケーション) is used in daily life?(生活でこんなコロケーション使ってる?)

そんなに使わないなら後回し、即答で「マジ使う」だったら、完全に身に着けてしまいましょう

英語のコロケーションを効率よく学習する方法

  • 何回も紙に書いて覚えるより、一回書いて一日に何度も見て理解、復唱
  • 使用頻度を確認して、使える表現かどうかの取捨選択をしよう
  • オンライン英会話をフル活用しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました