フィリピン英語留学-語学学校Kredo体験談-

  • 語学とWebを学べる学校Kredoについての体験談

フィリピンの日本人経営の語学学校Kredoについて

フィリピンのセブのITパークにあり、英語とWeb周りのプログラミング言語とマークアップ言語を学ぶことができます。 授業はフィリピン人の講師が開講し、英語で授業をうけられます。

ウェブの授業に関してはみな経験を持った教師でカリキュラムの質の高さがあります。英語の授業でもかなりの人数の教師たちがいて、皆教える技術を持っており、各学生が個々のレベルにあわせた授業を受けられます。

授業の費用(IT×英語コース)

留学期間は4週間で、部屋は二人部屋を選択しています。

入学金 15,000円
教材費、授業料、宿泊費 253,000円
指導関連費 1000円

kredoでは食費が別になっており、費用とは別で計算する必要があります。

宿泊先について

Avidaタワーという、数十階建ての住居になっています。キレイめの住居なので、日本人でも気にせず暮らすことができると思います。冷蔵庫、エアコンなども整備されているので暑い気象でも安心できます。Wifi、ウォーターサーバーも準備されています。トイレに関しては、基本、紙を流してはいけない習慣になっていますので、すぐ近くに配備されているごみ箱の中に入れることになります。このトイレ慣習はフィリピンのカフェやレストランなど、全体的に行われています。

授業について(IT×英語コース)

午前中は英語の授業をし、午後からはWeb関連の言語の授業をします。

英語授業

マンツーマンとグループ授業に分かれています。交互に授業が行われます。初級から上級のクラスまでレベルが分かれています。どの授業についてもスピーキングを中心に授業が行われます。日常的な表現(タクシーに乗ったときのシチュエーション等)のロールプレイングをして、その表現を吸収するための授業や正確に文法を学んでアウトプットするための授業、環境問題や技術問題を題材に問題解決法を企画してプレゼンするなどの授業もあったりしました。またディスカッション方式の授業もあったり、多様な形式の授業が行われました。

Web授業

こちらもベーシックコースの初級クラスからwebデベロップコースとWebデザインコースの中級から上級程度の複数のクラスがあります。html、css、phpの基礎を学び、アウトプットをしながら、サイト開発を行う流れになっています。ベーシックコースではhtml、cssを使って、簡単に各々自分好みのサイトを作り、最終的にwebデベロップコースの一つのクラスの学生と一緒になって、各個人が開発したサイトの紹介を2クラスの講師陣と学生の目の前でするような授業の流れになっていました。また作ったサイトを無料のレンタルサーバーにアップロードして、公開までする手順も学ぶことができます。

また特筆することとして、参加希望者が実際に講師がコーディングしたサイトを決められた時間内でhtmlとcssを使って、実現していくコーディング大会も開催されます。自分のレベル感を知る機会となり、教師からのフィードバックももらえる場になります。

雰囲気

基本的に英語しかしゃべらない空間づくりを意識してます。入学した当時は、日本人は英語のレベルにかかわらず、全体的に仲がいいので全員一緒に日本語で話すことが多い印象を受けました。ある意味、ストレスにならない程度にかまえているのかなと感じました。教師陣も日本学生と朗らかに接しているように感じました。卒業式の際には講師とその学生を含めて、Jalibeeという現地ハンバーガーチェーン店から買ってきたパスタを囲んで会食をし、仲を深められる場面がありました。 授業の部屋環境についてですが、たまに寒すぎることがあるので、上着を持っていくことをおすすめします。

Kredoと住居の立地と生活

学校と住居は徒歩5分から10分ほどです。また、ITパークという比較的安全な区画に位置しています。このITパークの範囲内にはJolibee、スタバといったチェーン店、日本レストラン、ラーメン店、バーなど現地にしてはやや価格がお高めですが食うには困らない地域になっています。また、住居の目の前にはナイトマーケットが木曜から日曜日まで開かれています。50種類近い屋台が出店していて、多国籍な料理を楽しむことができます。

フィリピンではUberEatsはありません。代わりに現地ではGrabというアプリケーションを利用しています。このアプリケーションで追加料金でタクシーを呼べたり、指定のレストランの料理を持ってきてもらえたりします。一度だけ、タクシーが来なかったことがありましたが、それ以外に例外なく、基本的に予定到着時間からあまりにひどい遅刻などはなく、気軽に使えます。

ジプニーもタクシーもかなり行き来しています。病院への行き来も困りません。自分の場合、風邪をひいたとき、セブドクターズ大学総合病院を受診しました。タクシーでITパークから体感30分程度でした。ここも海外あるあるですが、病院の先生の昼休みが長くて、確か1時間半ほど病院で待たされた覚えがありますのでご用心。また薬が足らず、近くの病院まで取りに走る助手の方を待ってさらに30分ほど待った覚えもあります。暇つぶし用の何かを持っていくことをおすすめします。

コメント

  1. […] 【記事】フィリピン英語留学-語学学校Kredo体験談- […]

タイトルとURLをコピーしました